病院に行ってきました

薬は、吐き気が無くなったので、「ナウゼリン」は無くなりました。

とりあえず後8日分は残っているので、頓服程度となりました。

体調の変化としては、パニックは減ってきました。



が・・・



昨日あまりにも寝付けなかったので自分のこのブログを読み直してみて

仕事の数や状況をチェックしみると

今回鬱と診断された時と似た症状の時を見つけました。

それは2008/05/25の「家族に少し、勇気をもらいました」です。


このときは、まだ土日も休めていたので

まだよかったんですが、今回(1月2月)は土日もない状況

客先からの「失敗すれば訴訟問題になるかも」との脅し文句を

一人で受け自分自身どうにもこうにもならなくなった結果だから

今回もしっかり休めば復活できると思うけど、どうしても不安で

先生に今の不安の話をしたけど、カウンセリング

の無い病院だから・・・とあまりこちらの不安の感じ取ってもらえなくて・・・


おまけに今回は、家から一人で行く用にがんばったけど、結局

最初に乗るバスを待っている間に「途中でパニックになったらどうしよう」とか

考えてしまって、結局旦那に車で病院に送ってもらいました

でも、病院には一人で行けました。

メモを見ながら自分で状況を説明しこれからについて相談し

上記の不安な気持ちを相談したら、一丁両断でしたね。

先生の言葉は確かに正論なんだけど・・・・



帰りの車の中で旦那に自分の気持ちをぶちまけちゃいました。

旦那と話している内に、要は私が「自分はコミュニケーションが下手だから・・・」

と常に思いこんでいて、相手の言葉や表情を一つ一つ気にしてしまって「下手だ・・・」と

思いこんでいるのではないかなぁ・・・・ってな結果になりました。


自分では、相手の言葉なんて気にしていないつもりでいたけど、違っていたのかも

すぐには無理かもしれないけど、何か方法を考えてみたいと思います。



医者に行くのは、今の状況を診断してもらってその状況にあった薬を

処方してもらうために行くのであって、こっちの気持ちをくんでもらうことを

期待してはだめなんだなぁ~

と思う事にしました。

産業医のいない会社なので、カウンセリングはむりだけど

旦那と息子とワンコにいやしてもらいながらがんばります。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2009年04月29日 23:26
ご主人さんも病気で苦しいはずなのに
本当に優しい方なのですね。
それもうめさんが良く出来た方だからでしょうが。
うめさんが病気になって家族の絆がよけい
強くなったのでは?
>旦那と息子とワンコにいやしてもらいながらがんばります。
家族って有難いよね。
でも、あまり頑張ったら負担になりますよ。
ほどほどで良いんじゃないかしら?

家の主人のようにならないことを願っています。
あちらの病院、此方の病院転々として来ました。
寿命が縮むことシバシバ警察沙汰数回惨めでした。
私も鬱の薬飲んでた事もあったのですよ。